So-net無料ブログ作成
検索選択

善玉菌とうつ病 [腸内フローラ]

salad-652503_1280.jpg

善玉菌とうつ病についての関係の調査結果があります。

国立精神・神経医療研究センターとヤクルトの共同研究で、うつ病患者43人と健康な人57人を対象に腸内の善玉菌の数を調べました。

研究結果ですが、

◆ビフィズス菌の便1グラム当たりの量(中央値)
うつ病患者 … 約32億個
健康な人 … 約100億個

◆ラクトバチルス菌の便1グラム当たりの量(中央値)
うつ病患者 … 79万個
健康な人 … 398万個

だったそうです。
明らかに、うつ病患者のほうが善玉菌が少ないですよね。

さらに以下の場合、うつ病の割合は高くなります。
ビフィズス菌 … 約34億個以下(うつ病発症リスク 3倍)
ラクトバチルス菌 … 約309万個以下(うつ病発症リスク 2.5倍)

うつ病患者の人は、ストレスなどで悪化する「過敏性腸症候群」を患っている割合も高かったそうです。

因果関係はまだはっきりしていないようですが、腸内フローラを改善することによって、うつ病の症状が改善されるならば、お薬に頼らずに治療できるかも知れませんよね。

うつ病の方や、うつ症状を自覚されている方は、一度腸内フローラの改善を視野に入れてみても良いのではないかと思いました。

腸内フローラの改善は、日ごろの食事や運動などで変えることが出来ます。

比較的簡単ですし、時間もそれほどかかりません。
身体にも負担はないですから、ダメ元でやってみると良いですね。

関連記事
腸内の善玉菌を増やすには
腸内細菌叢の改善
腸活の食べ物
腸内フローラとうつ病

腸内フローラ(腸活)目次



スポンサーリンク






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。