So-net無料ブログ作成

便活(私の場合) [便活]

coffee-842020_1280.jpg

便活について書きたいと思います。

ちなみに私は、あまり便秘はしない方です。
毎朝基本的には、お通じがあります。

そんな私が、普段無意識で行っている習慣が、もしかしたら、便秘で悩んでいる方のお役に立てるかも知れないと思いました。

◆夕食で食物繊維を摂る

私は、1日1回果物を摂る習慣があるのですが、いつも夕食に果物を食べます。
一般的には、朝食に果物を食べる方が多いと思います。

私は経験的に、朝食に食物繊維を摂るよりも、夕食に食物繊維を摂るほうが、朝のお通じの調子が良いです。

その他、スムージーを飲みたい時も、朝ではなく、夕食後に飲みます。

◆野菜ジュースを飲む

私は普段、炭酸飲料などの甘いジュースは飲みません。

ですが、野菜ジュースが好きで、ほぼ毎日飲んでます。

野菜ジュースの飲む時間帯は、午後からが多いです。

◆コーヒーが緩下剤に

これは私だけかもしれませんが、何故かコーヒーを飲むと便意を催す習慣があります。

朝食後にコーヒーを1杯飲むとおトイレに行きたくなり、スムーズにお通じがあります。

インターネットで調べると、コーヒーに含まれるカフェインが緩下剤効果があるという人もいます。

でも私に限って言えば、コーヒーは「ブラックコーヒー」でも、砂糖やクリープを入れた「ミルクコーヒー」でも、妊婦さんが飲むような「カフェインレスコーヒー」でも同じ効果があります。

ですので、カフェイン自体にに緩下剤効果があるわけではないと思います。

◆腰をマッサージ

トイレに座ったときに、腰の後ろ(ウエストからお尻の上の当たり)を上下に両手の平で、マッサージします。

この時、上から下へ便を送り出すようにマッサージをするとお通じが出ます。

この時、両手は、強く力を入れたりせずに優しくマッサージします。

◆椅子に座って作業をする

休みの日などは、朝起きてすぐパソコンに向かい作業をしたりします。

何も食べなくても、椅子に座ってパソコンで作業をすると、その後しばらくたって、便意を催す時があります。

これは、寝ていた身体が椅子に座って作業をすることで、目覚めて腸の蠕動運動が活発に動き出すからなのかな、と思います。

関連記事
腸内フローラ(腸活)目次



スポンサーリンク






タグ:便活

共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。