So-net無料ブログ作成

痩せ菌を増やす [痩せ菌とデブ菌]

vegetables-1578255_1280.jpg
腸内フローラの痩せ菌を増やすには、夜寝る前にヨーグルトを食べると良いそうです。

腸内フローラの痩せ菌は、栄養の消化・吸収を良くし、老廃物や有害物質の排出を促します。

◆効果的なヨーグルトの食べ方

腸の働きは、副交感神経が司っています。
副交感神経は、午前0時をピークに働きが活発になります。

腸の働きをサポートする為にも、寝る1時間前にヨーグルトを食べると良いそうです。

食べる量は、200グラムを目安に食べるのが効果的です。

さらに効果的な食べ方は、善玉菌のエサとなる食物繊維とビタミンCの含む食品を一緒に摂るのが良いそうです。

フルーツには食物繊維とビタミンCが含まれています。

はちみつには、善玉菌のエサとなるオリゴ糖が含まれています。

フルーツとはちみつを、ヨーグルトと合わせて食べると効果的です。

◆酵素を摂る

酵素を多く含む食品は、痩せ菌を増やすと言われています。

酵素は野菜やフルーツ、発酵食品などに多く含まれます。

酵素は熱に弱いので、加熱してしまうと破壊されてしまいます。

生で、作りたての新鮮なものをいただきましょう。

忙しくて野菜やフルーツを摂る暇がない方は、酵素サプリや酵素ドリンクなどを上手に利用しましょう。

◆腸内フローラの善玉菌を増やす

善玉菌を増やすことで、腸内環境が良くなり、結果として痩せ菌が増えやすい環境作りに貢献します。

善玉菌のエサとなるオリゴ糖を含む食品を摂りましょう。

オリゴ糖を多く含む食品には
玉ねぎ、キャベツ、アスパラガス、大豆などがあります。

関連記事
腸内の善玉菌を増やすには

◆空腹の時間を作る

暴飲暴食は、腸内環境を悪化させます。

空腹にすることで悪玉菌の繁殖を抑え、善玉菌が有利な腸内環境を整えることができるそうです。

◆腸内環境を3日でリセット

腸内環境は食べるもので日々変化します。

ハーバード大学の研究では、腸内環境が変化するまでには平均3.5日かかるそうです。

ファーストフードやお菓子などのジャンクフードを食べ過ぎた後は、意識して3日間ヘルシーな野菜や果物中心の食生活をしましょう。

関連記事
腸内フローラの痩せ菌とは

腸内フローラ(腸活)目次



スポンサーリンク







共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。