So-net無料ブログ作成

腸内フローラとは [腸内フローラ]

croissants-569075_640.jpg
「腸内フローラ」とは、私たち人間の腸に生息している腸内細菌のことですが、腸壁に群生しているさまが、まるで植物が群生して「お花畑(flora)」のように見えることから名づけられました。

人間の腸内には、数100種100兆個以上の腸内細菌が存在していると言われていましたが、近年では、3万種類1,000兆個の腸内細菌がいることが分かってきています。

重さにして約1キロ~1,5キロの多彩な細菌が生息しています。

人間の細胞の数は60兆個と言われていますから、それを10倍以上、上回る数の細菌が腸に住んでいるということになりますよね。

主に小腸から大腸にかけて、沢山の腸内細菌が種類ごとに分かれて腸の壁面に生息しています。

腸内フローラは、食習慣、生活習慣、人種、年齢、ストレス、薬の服用、運動の有無などにより異なります。つまり顔や指紋が人それぞれ違うのと同じように腸内フローラも人それぞれ違うんですね。

それに腸内フローラのバランスは食事や生活習慣によって日々変化しています。

腸内フローラを形成している腸内細菌は大きく分けて3つに分類されます。

1,善玉菌
2,悪玉菌
3,日和見菌(ひよりみきん)

善玉菌は人の体に有用な働きをする菌です。
乳酸菌やビフィズス菌などがあります。
乳糖やブドウ糖を餌として増え、乳酸や酢酸をつくります。
腸内細菌のバランスや働きを良くし、便秘や下痢を防いだり、免疫機能を高めたりします。

悪玉菌は腸内を腐敗させたり、有毒物質を作る菌です。
クロストリジウム(ウェルシュ菌)などがあります。
発がん物質や発がん促進物質、細菌毒素などを作りだします。
一方で、悪玉菌は病原菌を排除する働きもします。

日和見菌は、善玉とも悪玉ともいえない菌ですが、その時の優勢な菌に味方して作用する菌です。
納豆菌、大腸菌、バクテロイデス、連鎖球菌などがあります。
腸内で、善玉菌が増えれば善玉菌の味方をし、悪玉菌が増えれば悪玉菌の味方をします。

腸内フローラの理想的な状態は、
善玉菌 割 : 悪玉菌 割 : 日和見菌

と言われていますが、日々微妙に変化しています。健康な人ならば、善玉菌が悪玉菌より優勢で、ある一定のバランスが保たれています。

何らかの原因で腸内フローラのバランスが崩れ、悪玉菌が優勢になると、腸内に有害物質が増え便秘や下痢になったり、腸から体内に吸収され、全身に巡り、様々な生活習慣や肌荒れ、肩こり、老化にもつながると言われています。

関連記事
腸内フローラ(腸活)目次



スポンサーリンク







共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。